no-image

借金減額をするには債務整理するしかない!?誰に相談するかで案内される方法が変わる謎

借金返済が苦しいと感じているなら、早期に債務整理へ着手すれば良いというアドバイスなら誰にでも出来ます。
しかし、実際に債務整理を行う際には複数の解決手段があるので、どの方法が最適なのか素人判断では分からないものです。

借金減額が出来る方法は3つある?1つしか案内されなければ怪しい

借金減額方法には法廷外で債権者と交渉を行う方法だけでなく、法的整理に着手する方法もあります。
実は、具体的にどの債務整理方法が最適なのか判断することは、専門的な法律知識に基づき個別に判断しなければ分かりません。

3種類の借金減額方法を知ろう

債務整理相談を法律の専門家へ行う前には、少なくとも以下の3種類の債務整理方法について下調べしておくことが望ましいです。

  • 利息が負担になっているなら任意整理
  • 任意整理は将来利息や遅延損害金を債権者と減額交渉してカットしてもらい、元金のみ返済できるように和解する法廷外での任意交渉です。

  • 元金返済が苦しいなら個人再生
  • 元金返済すら厳しいけれども毎月安定した収入があるならば、最大1/5まで圧縮した債務を3年かけて返済することで完済とみなす方法となります。

  • 生活が破綻しているなら自己破産
  • 20万円以上の財産を全て処分した上で自己破産宣告を受けて、破産免責決定により借金返済義務を全額免除してもらう方法です。

どの債務整理方法が良いか相談する相手は弁護士

債務整理方法として3つの選択肢があるにも関わらず、司法書士へ相談に行くとなぜか任意整理が良いと最初から言われることが少なくありません。
全ての債務調査を行った上で債務整理の選択肢を複数提示した上で、メリットとデメリットを説明して判断する方法が一般的です。

全ての債務整理方法を公平に案内しているか確認しよう

弁護士と司法書士では職務範囲が異なるので、裁判所外で任意交渉を行う任意整理ならば弁護士と司法書士には140万円以下という司法書士の金額制限のみです。
一方、認定司法書士は裁判代理権を簡易裁判所に対してのみしか得ていないので、個人再生と自己破産申し立てはあくまでも書類作成しか出来ません。
地方裁判所に申し立てが必要な個人再生と自己破産については、積極的な案内を避けてしまう司法書士が一部には存在しているわけです。
借金問題を解決する手段は、全ての債務整理方法を公平に案内してくれる弁護士への依頼が望ましいです。

最適な借金減額方法は複数の弁護士に相談して決める

最適な借金減額方法は、個人の資産状況や借入状況に合わせて全ての選択肢を並べた上で判断することが望ましいです。
公平な案内が出来るかどうかは弁護士相手に慣れていない限り難しいので、借金減額方法は複数の弁護士へ相談してから決めると良いです。